総合人気白髪染めランキング

総合人気白髪染めランキング

白髪染めのメリット・デメリットを比較

昆布ヘアカラートリートメントを徹底比較

白髪染めの基礎知識

白髪染めの使い方、注意点

1本でも見つけただけで気になる白髪。目立ってくると、ヘアカラーよりも白髪染めを使う方が効果的です。 【今から始める白髪染めナビ】では、白髪に関する基礎知識からケアの注意点。 今人気の白髪染めを口コミから検証した結果をランキングでわかりやすくご紹介しています。 正しく白髪染めをするには【頭皮ケアもセット】で行うことが重要です。 白髪の悩みが解消したのに今度は抜け毛・薄毛の悩みが。そんな事にならない様に安心、安全な白髪染めを選びましょう。

絞込み検索

なんで白髪になるのか

白髪はいずれ誰でも通る悩みですね。 まず毛髪の基本知識をご紹介します。
毛髪は毛髄質(メデュラ)、毛皮質(コルテックス)、毛表皮(キューティクル)からできています。 これらにはもともと色はなく、毛皮質の中に沈着しているメラニン色素によって髪の色が決まります。
毛乳頭のまわりにある毛母細胞の間には、メラノサイトという色素形成細胞があり、ここで、髪の色を作るメラニン色素が作られます。

なんで白髪になるのか

しかし、このメラノサイトは、一生の間ずっとメラニン色素を作り続ける訳ではありません。
メラノサイトの数が徐々に減少し、チロシナーゼと呼ばれるメラニン生成に必要な酵素の働きが弱ってくると、髪の色素が薄れて白髪になるのです。
毛根の最下部にある毛球部の毛乳頭が、毛細血管から栄養素を取り入れ、成長を開始。
髪の生成に必要なアミノ酸などを吸収した毛母細胞は、細胞分裂によって少しずつ押し上げられ、頭皮の上に出た部分が毛髪となります。 また、成長する過程の中でメラニン色素が取り込まれ、髪に色がつきます。

白髪染めランキングTOP3

ルプルプ ヘアカラートリートメント

  • 1,980円
  • Jコンテンツ
  • 200g
  • あり

天然素材だから髪のダメージは一切ありません

毛穴の奥にまで届く栄養成分配合

白髪染め特有の気になる匂いは全くありません

詳しい詳細をみる

ヘアボーテシーエッセンスカラーフォーム

  • 3,694円
  • FUTURE LABO
  • 80g
  • あり

一回の利用でムラなくばっちり満足染め上がり♪

利用した92%以上の人が染めやすさを実感!

脱色剤が使われていないから肌に優しい♪

詳しい詳細をみる

利尻ヘアカラートリートメント

  • 3,150円
  • サスティ
  • 200g
  • あり

お風呂で使えるトリートメントタイプ♪

髪のダメージ予防に嬉い♪無添加♪ノンシリコン

嫌な臭いが一切ない、ストレスフリータイプ

詳しい詳細をみる

白髪染めの注意点!

白髪染めに使われている占領というのはヘアカラーと比べてすごく強いものです。
ですので、ヘアカラーと同じような感覚は使用しないようにしましょう。
そして、白髪染めは手軽で簡単に利用することができることから、頻繁に行う人がいますが、これは頭皮や髪の毛へのダメージが非常に強くなってしまうので、最低でも1か月以上の間隔をあけてから白髪染めをするようにしましょう。

この期間で白髪が目立ってきた場合には、ほかの方法で対処した方がいいでしょう。
白髪染めには様々な成分のものがあります。
酸化染毛型の場合、刺激が強くなっているので、かぶれや湿疹が起こる場合があります。
ですので、肌の弱い方にはおすすめすることができません。


特にアレルギーを持っている方は注意をしてほしいと思います。
目のかゆみや痛みなどのアレルギー症状が出てしまう可能性があります。

もし、薬剤が目の中にはいってしまったときは、焦ることなく水かぬるま湯で15分以上新井流してあげてください。
自分の判断で目薬などを安易に使ってしまうと失明や症状が悪化してしまうことがあるので、もし不安であれば専門家に見てもらうといいでしょう。